ビットコインをテクニカル分析してみた!9月22日(金)

最近、仮想通貨がすごく気になっています。ただボラティリティが大きくテクニカル分析が通用しにくいような気もしています。特に時間足が短いチャートでは難しそうな印象があります。

そこでビットコインの円建て(BTCJPY)の日足チャートでテクニカル分析をしてみました。

チャートソフトはTrading Viewでビットフライヤーの価格が反映されています。

Trading Viewは有料プランに申し込む右端にある価格帯売買高のヒストグラムが表示できます。価格帯売買高は押し目買いや戻り売り、または利確にすごく使えます!

無料でも使えます。公式ページはこちら→世界最高のチャートソフト「Trading View」

 

【ビットコイン日足】

9月22日(金)13時40分現在の日足チャートを載せました。黒丸の安値と赤丸の安値を結んでトレンドラインを引きました。そのトレンドラインを赤の☆印に平行移動させると上昇チャネルができます。チャネル上限が青の☆印と一致し、綺麗な上昇チャネルになっています。現在は上昇チャネル内ですが、エリオット波動を黒線で引くと上昇5波は終了し、修正の段階に入っています。

では買いの目安を私なりに算出します。黒丸の安値と青の☆印でフィボナッチを引きました。その0.618のラインに注目して下さい。この付近は価格帯売買高の少ない谷のエリアかつ、青丸2か所で反応していたエリアかつ、上昇チャネルの下限、といったいくつものポイントが重なっています。赤線のような動きで落ちてきて、このエリア付近で反発するような動きが出れば、いい買いのポイントになるのではと思っています。340250円付近で日付的には10月1日辺りしょうか?ビットコインにもテクニカル分析が通用するか見届けたいと思っています。

 

価格帯売買高を用いたトレード手法の記事も参考いただければ幸いです⇒価格帯売買高を用いたトレード手法

 

【Flash Zone FXは仮想通貨でも使える?】

「Flash Zone FX」という商材があります。「FX」と付きますが、先物でも株でも使える手法です。よって仮想通貨でも使える可能性があります。後付けですが、「Flash Zone FX」のロジックを使うと上記チャートの赤丸の安値で拾えています。レビュー記事はこちら⇒「Flash Zone FX」熱烈レビュー

 

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です