押し目を算出!ビットコインチャート分析11月23日(木)

今日は私の主戦場の日経225先物はお休みなので、最近気になっているビットコインをチャート分析してみようと思います。

チャートソフトはTrading Viewです。

Trading Viewは有料プランに申し込む右端にある価格帯別売買高のヒストグラムが表示できます。価格帯別売買高は押し目買いや戻り売り、または利確にすごく使えます!

無料でも使えますが28日まで有料プランが最大60%オフのブラックフライデーキャンペーンが開催中です。公式ページはこちら→世界最高のチャートソフト「Trading View」

 

【ビットコイン円建て(BTCJPY)】

22時45分現在の日足チャートで分析してみました。100万円目前の状況まで来てます。どこで買ってもほっとけば上がっていきそうですが、買うなら下がった所をうまく拾って、優位な価格で持つべきだと思います。また押しが入るのは間違いないので押しを算出しようと思います。

赤枠の範囲でフィボナッチを引いています。この時は0.5付近まで下げました(黒丸)。さらに青枠の範囲でもフィボナッチを引いています。過去のチャートを分析すると価格帯別売買高の山にぶつかる所で下げが止まっているような印象を受けました。この事実と青枠のフィボナッチの数値を加味すると、青線の857,800円付近や赤線の701,400円付近まで調整が入ってもおかしくないと考えます。時間が進むと価格帯別売買高の形も変わってきますし、エントリーのタイミングはより時間の短い1時間足などを見て買いのタイミングをうかがいたいです。

先週、ボリンジャーバンドの開発者「ジョン・ボリンジャーさん」の講演に行きましたが、彼曰く「ビットコインは4時間足がテクニカル的に最高」らしいので、4時間足もしっかり分析しようかと思っています。

 

価格帯売買高を用いたトレード手法の記事も参考いただければ幸いです⇒価格帯売買高を用いたトレード手法

 

【仮想通貨教材集めました!】

マネーコード・プログラム~仮想通貨でお金持ちになる方法~

ビットコイン二刀流トレード

◆みずほ証券出身「森田真之」の仮想通貨速習プログラム

BITFOLIO -ビットフォリオ-  一日2.4%の金利を手に入れる最先端の運営術

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です