本日、4月4日(火)の日経225先物の相場分析を行います。

21時50分現在の日経225先物miniの4月限の60分足チャートを載せました。

チャートソフトはカブドットコム証券のkabuステーションです。

赤線と黄色線で下降チャネルを形成していましたが、白丸で+2σのボリンジャーバンドにタッチしたので、-2σを目指すと見ていました。

その通りに-2σまで下がり、赤線の下値支持線と-2σが重なったので、強い抵抗になるかなと思っていましたが、黄色丸の強い売りで大陰線となり、これも下抜けしました。

抜けられた下値支持線は上値抵抗線になりやすいので、白の手書きの矢印のような動きが想定されます。

ただ1つの指標だけだと、確率が低いので、移動平均線などどポイントが重なった時により確実性が増します。

これを考慮して、売りで入るタイミングをうかがっていきます。

 

【「Kanmei225」4月の成績】
一度レビューした日経225先物商材「Kanmei225」ですが、4月に入り、自動売買でトレードがありましたので報告します。

つい先ほど、決済が入り、今月は+19,500円です。

また自動売買が成立しましたら、結果を報告したいと思います。

レビューページはこちら⇒「Kanmei225」激熱レビュー

 

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へブログランキング