【2017年8月19日追記】

1月に発売された日経225先物の商材を購入しましたので、レビューしようかと思います。

「Kanmei225」という商品です。

感銘をうけるほど簡明な日経225先物トレード術」という売り込みフレーズです。

【内容】

 

マニュアルはPDFで79ページあります。

 

【特徴】

1 チャート、サインが簡明で、再現性が高い。
2 月利13%、年利150%を超える好成績
3 初級者のために無料でできる練習法を紹介
4 時間のある方には裁量手法を説明
5 忙しい方のために自動売買法も案内

という感じです。

自動売買は手動でも設定できますが、かなり面倒ですので、自動売買ファイル付きがおすすめです。

私は普通のサラリーマンで、平日はあまり時間がありませんので、自動売買ファイル付きのものを購入しました。

 

【実績】

私はver.3が発売されたと同時に購入しました。

「maon」と「tarrow」という2つのシステムがあります。

4月から8月18日までの2つのシステムの合計実売買の結果を掲載します。

4月:-82,500円

5月:-10,000円

6月:+8,000円

7月:-93,000円

8月(19日まで):+116,000円!

トレンドフォロー型なので4月から7月のように動きがほとんどないようなレンジ相場には弱いですが、今月のようなトレンドが出てきた時にはうまく乗ってかなり取れてます。今月は19日だけで+116,000円でいい感じの損小利大です。8月の売買ポイントを下記に載せました。

裁量でのロジックもしっかり再現できますが、自動売買が楽かと思います。

 

【手法】
手法はトレンドに乗っかるトレンドフォローのスタイルです。
今はレンジ相場が続いていますので、成績も少しぱっとしない感じですが、損小利大ロジックなので、少しの負けで済んでます。
ローソク足と4本の線だけ、しかも主に使うのはそのうち2本。
残り2本は補助線です。
「これらは基本的なインディケーターだけを使用しており、万が一これが使えなくなるようなことがあれば、世に存在するロジックの大半がお払い箱になると言えるほど基本的なもの。」という記載があります。この言葉からするとあの線しか思い浮かばないですよね?また勝ちやすい時間帯も5年分分析されており、勝率の高い時間だけ仕掛けるロジックです。

 

【サポート体制】
・6か月の回数無制限メールサポート
・無償バージョンアップ

【その他必要なもの】
・自動売買をするには「オートレ225」に登録
・「カブドットコム証券」か「GMOクリック証券」の口座
・「オートレ225」有料版申し込み:自動売買1枚あたり月額2250円

 

【販売体系】
・自動売買の解説を省いたお手頃価格の普及版もあり。
詳細はこちら⇒Kanmei225~簡明過ぎて失敗できない日経225先物トレード法(オートレ版自動売買用戦略ファイル付)

 

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へブログランキング