4月10日(月)からの日経225先物相場の動きをテクニカル分析で読み解いていきたいと思います。

日経225先物mini4月限の60分足チャートを載せました。

チャートソフトはkabuステーションです。

赤線の下値支持線が引けましたので、19030円の高値をつけた時点で、この下値支持線を平行移動させて、黄色線の上値抵抗線を引いています。

左側にあるヒストグラムは価格帯別売買高です。価格帯別売買高を見ると白丸の18840円で売買高が少なくなっていました。金曜日の22時くらいに記事をアップして、このラインに注目していましたが、その4時間半後くらいにこのラインを少しだけ上抜けて落ち始めました。このあたりは上値抵抗線とも重なっていましたので、反発しやすいポイントでした。明日の寄り付きでこれを上抜けて始まらなければ、上値抵抗線はまだ機能しそうです。

さらに価格帯別売買高を見ると、もう1つ少ない価格帯が18660円にあります。上値抵抗線と近づいていきますので、これらに挟まれて、どう動くかに注目です。

下降チャネルを形成してますので、下値支持線も下がって行っていますが、18500円付近でも2度耐えていますので、18500円は注目の価格帯です。

━━━━━━━━━━━
■日経225先物 新商品!
━━━━━━━━━━━

「Kanmei225」ほどほどレビュー

「ソフィア2017」しっかりレビュー

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へブログランキング