レンジ下限!?12月10日(月)からの日経225先物相場予想

12月10日(月)からの日経225先物の相場分析を行ってみたいと思います。

チャートソフトはTrading Viewです。

Trading Viewは有料プランに申し込む右端にある価格帯別売買高のヒストグラムが表示できます。価格帯別売買高は押し目買いや戻り売り、または利確にすごく使えます!

無料でも使えます。公式ページはこちら→世界最高のチャートソフト「Trading View」

価格帯売買高を用いたトレード手法の記事も参考いただければ幸いです⇒価格帯売買高を用いたトレード手法

日経225先物日足チャートでのテクニカル分析

先週日曜日の予想記事では「日足チャートでも上値抵抗線をブレイクして買い目線になっていますので、赤丸の高値の22600円くらいが短期のターゲットになりそうです。」と書きました。赤枠が先週の動きです。実際は、黒丸の高値に到達し、22600円に到達後、すぐに下に行ってしまいました。

22600円を超えても勢いが続かず、また落ちてしまいました。前回安値は下ひげでブレイクしましたが、そのまま下へ行くことなく耐えています。なかなか明確なトレンドが出ずらい状態です。黒枠で囲んだ20800円~23000円のレンジを行き来しそうに思えます。レンジの下の方なので、買いの方がやや優勢には思えます。

 

 

当ブログ限定特典付き「スーパースキャルピング225」4か月負けなし実践・検証レビュー

日経225先物売買サイン判定ソフト「デイズリッチ2019」レビュー記事書きました!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

認定テクニカルアナリストサラリーマン

 

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です