今日は衆議院の解散を利用したトレード手法をご紹介しようと思います。

明日28日の国会冒頭で衆議院の解散が宣言されるようです。

28日に解散になると選挙日は10月22日になる予定です。

 

【どんな手法?】

手法はいたってシンプルです。

「解散日に買って、選挙日に売る」です!

過去6回の衆議院解散日と選挙日翌日(選挙日は日曜日の為)の日経平均株価と暴落率を記載しています。

 

 

 

 

 

4勝2敗で平均暴落率は+3.96%です。今日27日の日経平均株価が20,267.05円なので3.96%上昇するとなると、21070円になります。約800円上昇する計算です。

 

【具体的にどうすればよいか?】

日経平均株価が上がりやすい期間なので、日経平均株価と連動して動くものが買いです。

一番シンプルなのが、日経225先物です。あとは日経平均株価と連動性の高い銘柄などでしょうか?

もし上記の想定通り800円上がれば、日経225先物のラージなら1枚で+800,000です!

ドル円も日経平均株価と相関があるので面白いかもしれません。

明日28日の引けで買い、来月23日の引けで決済して下さい。(10月22日は日曜日の為)

ただ気になるのは現在の価格が過去の天井付近であることと、北朝鮮の行動です。

最終的な判断は自己責任でお願いしますm(__)m

 

【宣伝】

1本のラインで売買!「1LINEトレードメソッド」!

たった1本の線だけで株の売買タイミングを判断するというとてもシンプルな手法。

銘柄選びに悩むことがなくなります。

レビューページはこちら⇒「1LINEトレードメソッド」応援レビュー

 

 

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ