2月末17200円!? 2月12日(火)からの日経225先物相場予想

2月12日(火)からの日経225先物の相場分析を行ってみたいと思います。

チャートソフトはTrading Viewです。

Trading Viewは有料プランに申し込む右端にある価格帯別売買高のヒストグラムが表示できます。価格帯別売買高は押し目買いや戻り売り、または利確にすごく使えます!

無料でも使えます。公式ページはこちら→世界最高のチャートソフト「Trading View」

価格帯売買高を用いたトレード手法の記事も参考いただければ幸いです⇒価格帯売買高を用いたトレード手法

日経225先物日足チャートでのテクニカル分析

2月3日のチャート分析では「「価格帯売買高の谷+50本移動平均線」でこのまま押さえられる可能性がありますが、すぐ上にはチャネル上限と赤線の75本移動平均線も迫っており、21000円あたりは絶好の売りポイントになるのではと予測しています。」と書きました。

実際、先週は青線の50本移動平均線で押さえられ、20960円を高値に落ちていきました。

このまま薄黄色のチャネル内で推移していくと予想し、今後の動きを想定します。

相場には規則性があり、過去2回のチャネル上限からの動きを分析しました。

まず最初の下落の黒矢印は27日かけて3670円下落しました。

次のチャネル上限からの下落の赤矢印は23日で3810円下落しました。

この動きをみると規則性を感じませんか?

ということで今回も同じようなパターンになるのではないかと考えます。

黒矢印と赤矢印の値幅と時間の幅をそのままに2月5日の高値20960円にスライドさせました。

すると両方ともチャネル下限を割り込み、17200円付近が矢印の終点となっています。

ここに達するのは2月の末くらいになります。

チャネル下限で止まる可能性もありますが、あと3000円ほど下がる計算になっております。

私は先週、20895円でショートポジションを持ちました。

スーパースキャルピング225とデイズリッチ2019が大人気!

当ブログ限定特典付き「スーパースキャルピング225」4か月負けなし実践・検証レビュー

連勝中!日経225先物売買サイン判定ソフト「デイズリッチ2019」など6システム実運用記事書いてます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

認定テクニカルアナリストサラリーマン

 

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です