10月10日(月)からのユーロドル(EURUSD)とドル円(USDJPY)の相場分析を行ってみたく思います。

チャートソフトはTrading Viewです。

Trading Viewは有料プランに申し込む右端にある価格帯売買高のヒストグラムが表示できます。価格帯売買高は押し目買いや戻り売り、または利確にすごく使えます!

無料でも使えます。公式ページはこちら→世界最高のチャートソフト「Trading View」

 

【ユーロドル】

・先週のおさらい

4時間足チャートを載せました。黒枠内が先週の動きです。青線で囲まれた下降チャネル内にいて、さらに赤線の50本移動平均線より下にいます。6日に安値を更新し、1.16695をつけてから下ひげをつけて少し戻してきています。

 

・今週の動き

赤線の50本移動平均線を見ると赤丸の箇所で頭を押さえられています。青線の下降チャネル内に緑の線のラインが平行に引けます。このラインは黒丸で何度も反応しています。特にこの緑線と50本移動平均線が重なった赤丸は強い抵抗になって押さえられました。再度緑線にトライしてくると思いますが、これを超えていけないと下降チャネル内での動きが継続となり、下落が続きそうです。緑線を上に超えれれば1.183あたりが目標になりそうです。

 

「Flash Zone FX」のロジックなら反転買いのポイントが見えます!レビュー記事はこちら⇒「Flash Zone FX」熱烈レビュー

 

 

【ドル円】

・先週の動き

先週の動きを黒枠で囲みました。上昇チャネル内にはいますが、現在は下限にあり、ここで反発するかという所です。

 

・今週の動き

こちらも4時間足チャートです。上昇チャネル下限と青線の75本移動平均線が重なってきています。よって強い下値支持線になりそうですが、これを下抜けするとすぐに反転はないように思えます。黒丸の高値と安値でフィボナッチを引いています。その0.382付近に、ピボットのラインが集まっており、かつ価格帯売買高が少なく、このエリア(110.75円~111.15円)が反転の目安と考えています。

価格帯売買高を用いたトレード手法の記事も参考いただければ幸いです⇒価格帯売買高を用いたトレード手法

 

【ドル円のスキャルピングならこれ!】

7月は72勝21敗 勝率77.4% +259.5pp!

8月は93勝36敗 +134.5pipis!

9月は58勝41敗2分、勝率57% 、-197pips

特典付きドルスキャワールドFX(裁量版)の評価・レビューページはこちら→「ドルスキャワールドFX(裁量版)」激熱レビュー!

このドルスキャを自動売買で行ってくれるシステムもあります。

特典付きドルスキャワールドFX(自動売買版)の評価・レビューページはこちら→「ドルスキャワールドFX(自動売買版)」辛口レビュー!

これらのリンクから購入していただければ、一番いい損切ラインを検証したマニュアルがダウンロードできます。

 

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ