11月13日(月)からのユーロドル(EURUSD)とドル円(USDJPY)の相場分析を行ってみたく思います。

チャートソフトはTrading Viewです。

Trading Viewは有料プランに申し込む右端にある価格帯別売買高のヒストグラムが表示できます。価格帯別売買高は押し目買いや戻り売り、または利確にすごく使えます!

無料でも使えます。公式ページはこちら→世界最高のチャートソフト「Trading View」

 

【ユーロドル】

・先週のおさらい

日足チャートを載せました。黒枠内が先週の動きです。上げ始めています。

 

・今週の動き

先々週にバタフライを見つけ、その時はD点が黒丸の位置にありました。バタフライの定義からすると、D点がもう少し低い位置でも問題ない状態でした。先週に黒丸のローソク足の安値を更新しました。バタフライの定義からするとD点の下限は1.5382で、そこまでは行かずに上昇を始めています。D点に向かって下げていた時に、買おうか迷いましたが、RSIが30にも届いておらず、まだ買うのは早いだろうと思い、買いは見送っていました。しかしストキャスティクスを見ると20以下で青のラインの%Kがオレンジの%Dを上抜け、ストキャスティクス的には買いのシグナルでした。

上がり始めたので、押し目買いも検討しようと思っています。価格帯別売買高を見ると赤線を引いた位置に谷が見えます。価格が黒線の様にこのラインで止まって反転が確認できれば、買いで入ろうかと思っています。

「Flash Zone FX」のロジックなら反転買いのポイントが見えます!レビュー記事はこちら⇒「Flash Zone FX」熱烈レビュー

 

 

【ドル円】

・先週の動き

日足チャートを載せています。先週の動きを黒枠で囲みました。赤線の上値抵抗線を超えてきましたが、すぐに落ちてきています。

 

・今週の動き

先々週辺りから売り待ちの状態です。2か所の赤丸の高値はRSIが70から下抜けしています。しかし今回の高値はRSIが70に達していません。ストキャスティクスを見るとは「水色線の%Kが赤線の%Dを下抜けして共に80を下回る」という売り条件をクリアしていました。ユーロドルと同様に、ストキャスティクスのサインが先行しています。私はRSIのシグナルを待っていましたので、売りエントリーは出来ていません。価格帯別売買高を見ると黒線付近に谷があり、一旦はこの辺りまで落ちてからの再上昇を見込んでいます。

 

価格帯売買高を用いたトレード手法の記事も参考いただければ幸いです⇒価格帯売買高を用いたトレード手法

 

【ドル円のスキャルピングならこれ!】

7月は72勝21敗 勝率77.4% +259.5pp!

8月は93勝36敗 勝率 72%  +134.5pipis!

9月は58勝41敗2分、勝率57% 、-197pips

10月は90勝51敗 勝率63.8% 、+63.8pips

特典付きドルスキャワールドFX(裁量版)の評価・レビューページはこちら→「ドルスキャワールドFX(裁量版)」激熱レビュー!

このドルスキャを自動売買で行ってくれるシステムもあります。

特典付きドルスキャワールドFX(自動売買版)の評価・レビューページはこちら→「ドルスキャワールドFX(自動売買版)」辛口レビュー!

これらのリンクから購入していただければ、一番いい損切ラインを検証したマニュアルがダウンロードできます。

 

【4時間足でのスイングトレードならこれ!】

レビュー記事はこちら⇒ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」ナイスレビュー

 

 

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ