ユーロドル、ドル円11月6日からの売買戦略

11月6日(月)からのユーロドル(EURUSD)とドル円(USDJPY)の相場分析を行ってみたく思います。

チャートソフトはTrading Viewです。

Trading Viewは有料プランに申し込む右端にある価格帯別売買高のヒストグラムが表示できます。価格帯売買高は押し目買いや戻り売り、または利確にすごく使えます!

無料でも使えます。公式ページはこちら→世界最高のチャートソフト「Trading View」

 

【ユーロドル】

・先週のおさらい

4時間足チャートを載せました。黒枠内が先週の動きです。小幅な動きでした。

 

・今週の動き

先週のチャート分析でバタフライを確認できており、買っていい位置だと書きました。先週は大きな動きがなく、一気に上昇とは行きませんでした。上昇していけば、上昇チャネルの上限あたりを目指してくるのではないでしょうか?D点からそんなに上がってはいないので、買ってみてもいいと思います。損切はD点の下10pipsくらいでいいと思います。

「Flash Zone FX」のロジックなら反転買いのポイントが見えます!レビュー記事はこちら⇒「Flash Zone FX」熱烈レビュー

 

 

【ドル円】

・先週の動き

日足チャートを載せています。先週の動きを黒枠で囲みました。赤枠の上限にトライしましたが抜けずにいます。

 

・今週の動き

大きな目線で見ると赤枠内でのレンジです。黒丸2か所の高値ではRSIが70を割り込んで落ちています。現時点ではRSIが70に届いていないので、まだ売る出べきタイミングになっていません。またより安全にいくにはストキャスティクスも見たほうがいいと思います。黒丸2か所でのストキャスティクスは「水色線の%Kが赤線の%Dを下抜けして共に80を下回る」という条件もクリアしてます。現時点では%Kは%Dを下抜けしましたが80を下回っていない状態です。ストキャスティクスからみても売り待ちの状態です。

レンジの上限を明確に超えていけば、エリオット波動の3波の途中とみることができ、123.345程度までの伸びが期待できます。

 

価格帯売買高を用いたトレード手法の記事も参考いただければ幸いです⇒価格帯売買高を用いたトレード手法

 

【ドル円のスキャルピングならこれ!】

7月は72勝21敗 勝率77.4% +259.5pp!

8月は93勝36敗 勝率 72%  +134.5pipis!

9月は58勝41敗2分、勝率57% 、-197pips

10月は90勝51敗 勝率63.8% 、+63.8pips

特典付きドルスキャワールドFX(裁量版)の評価・レビューページはこちら→「ドルスキャワールドFX(裁量版)」激熱レビュー!

このドルスキャを自動売買で行ってくれるシステムもあります。

特典付きドルスキャワールドFX(自動売買版)の評価・レビューページはこちら→「ドルスキャワールドFX(自動売買版)」辛口レビュー!

これらのリンクから購入していただければ、一番いい損切ラインを検証したマニュアルがダウンロードできます。

 

【4時間足でのスイングトレードならこれ!】

レビュー記事はこちら⇒ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」ナイスレビュー

 

 

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です