2018年のユーロドル(EURUSD)の相場分析を行ってみたく思います。

チャートソフトはTrading Viewです。

Trading Viewは有料プランに申し込む右端にある価格帯別売買高のヒストグラムが表示できます。価格帯別売買高は押し目買いや戻り売り、または利確にすごく使えます!

無料でも使えます。公式ページはこちら→世界最高のチャートソフト「Trading View」

 

【ユーロドルチャート】

 

・月足

線形回帰の帯が下向きで、下降トレンドです。ピンク色の水平線が引けていますが、過去に赤丸2か所では下値支持として働いていました。しかしこのラインを勢いよく下抜けしたので、上値抵抗線に変わった可能性があります。大きな流れは下なので、このラインで下に押さえられる可能性があります。

価格帯売買高を用いたトレード手法の記事も参考いただければ幸いです⇒価格帯売買高を用いたトレード手法

・週足

次に週足チャートをご覧ください。線形回帰は緩やかな上昇トレンドです。エリオット波動の5波の終点を決めに行っているところです。月足で引いたピンク線を超えれるかに注目です。伸びても線形回帰の+2σが待ち受けています。さらにRSIをみると、高値が下向きであり、価格が高値を更新しても、RSIが高値を更新しない「ダイバージェンス」になると、売りのサインになってしまいます。

ダイバージェンスに関する記事はこちら

 

・日足

次に日足チャートをご覧ください。線形回帰はほぼ横向きのレンジ相場を示しています。週足での上昇が終了し、エリオット波動の修正波を作りに行っているようにみえます。修正波にはフラット型の修正波というものがあり、これは3-3-5の波で完成します。現在は3-3まで完成しているように見えます。これから最後の5波を作る動きで徐々に下に行きそうです。

 

【まとめ】

月足が下降トレンドであり、大きな流れは下です。その中で注目すべきライン(ピンク線)に押さえられているような感じです。週足でのダイバージャンスや日足での修正波をみると、2018年のユーロドルの動きは下向きが中心になるのではと推測しています。

 

 

【4時間足でのスイングトレードならこれ!】

レビュー記事はこちら⇒ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝」ナイスレビュー

 

にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ